四代目ごあいさつ

わたくしたち立石工務店の創業は明治35年 、立石桑吉によって名古屋市中区本重町に寺社大工の請負業として始まりました。
以降、二代目 立石鋼之輔、三代目 立石鎮雄、四代目 立石浩一と経営を受け継ぎ、2017年には115年目を迎えることができました。これもひとえに当社を信頼いただき、ご愛顧くださるお客様のおかげと感謝申し上げます。そして今、五代目 立石晃太への継承をスタートし、次の100年に向けて歩み始めました。「豊富な経験」「伝統技術」「高い信頼」と115年の歴史によって培われたわたくしたちの土壌をさらに磨き、「伝統」と「革新」の融合を目指し、末永く地域社会から必要とされる工務店、お客様に感動と笑顔をお届けできる工務店として励んで参る所存です。今後ともわたくしたち立石工務店をご愛顧くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。

平成30年3月吉日
株式会社立石工務店
代表取締役 立石 浩一

 

五代目ごあいさつ

五代目となる立石晃太です。
立石工務店は今年で、創業115年を迎えます。
伝統を重んじ、誠実に、また確実に仕事をこなしてきた結果だと思われます。
弊社は今、「伝統と革新」をテーマに、時代の変化に併せて、変わっていける組織作りをしています。今後は、弊社の主力である「左官・大工」を始めとする人を育てられる会社にしていきたいです。その中で是非、若い人の可能性、女性の感性、キメ細やかさを活用し、新たな立石工務店の切り口を探していきたいと思っております。
私は、お客様の大切な財産である「家」を一緒に守り、生涯付き合っていける工務店になりたいと思っております。記憶に残るような仕事を一緒に手がけていきましょう。どうぞ宜しくお願い致します。

平成30年3月吉日
株式会社立石工務店
立石 晃太

 


会社概要 ごあいさつ  デジタルパンフレット  個人情報の取り扱いについて ホームインスペクション